Main Page

From Security Holes
Jump to: navigation, search

特徴を知って仕入れに活かそう! 1万円以上5% 特徴:タオバオ・ まず個人輸入(商用目的以外の輸入)の場合、海外での小売価格に60%を掛けた金額が課税価格(課税の対象額)です。会費は月額29800円(税抜)と少々割高な分、サービスが充実していますが、資金が少ない初心者の方にはこの月額料金がネックになります。仕入れ元の国からの距離、品目、運送会社(航空会社、船会社など)の料金設定によっても金額は変わってきますが、おおむね貨物の重量が基準になっており、重量が増えるにつれて割引されます。 タオバオは個人向けのECサイトで、一般消費者同士の取引ができるプラットフォームです。 AKFは主に女性向けの水着やランジェリーを取り扱っていて、ターゲットは日本の業者です。義烏購(yiwugo.com)は買付市場として有名な義烏(イーウー)の商品を取り扱っているサイトです。日本から直接購入することもできます。蘇寧易購(suning.com)は家電量販店大手の「蘇寧電器」が運営するサイトです。工場の直営店も出店しているので、OEMに対応してくれるショップもあります。



アパレルやアクセサリー製品のOEMおよびODMを得意としている代行業者で、場合によっては100個~という少ロットでの生産が可能です。 その他に、電化製品や食品衛生法に関わる商品では必要な書類を工場から取り寄せ、検査機関への審査を依頼しております。 なぜ中級者向きかというと、商品代金5万円以下の依頼は受け付けていないためです。主に女性向けのアパレル商品を取り扱っています。 2019年には日本向けのサイトもオープンされました。弊社は、中国輸入代行業者として、中国の商品を日本の小売り業者(楽天ネットショップ、メルカリ、アマゾン、base無在庫転売等)、個人のお客様からの依頼に基づいて注文、検品、発送までを一括してお受けして、迅速かつ安全に商品をお届けするサービスを提供しています。中国からの輸入代行を日本人が対応し、安心安全でほっ。



アリババやタオバオやTMALLの商品を日本語で検索することができ、そのまま購入することができます。日本語で閲覧することができ、比較的簡単に検索&購入することができます。 ただし、OEMに関しては簡易OEMしか対応していないため、本格的にOEMを行いたい方は他の代行業者を選んだ方が良いでしょう。価格も安いことが魅力的です。 ここで必要なのは「その目的を達成するためにどのサイトを選ぶか」という視点です。 ※この記事の情報は2021年2月時点のものです。注意点についてご紹介します。 そのため、無在庫で実績を出されている方のうち、代行業者から日本のレンタル倉庫へ売れ筋をまとめて発送し、注文が入ると日本のレンタル倉庫から都度発送を依頼する。中国輸入ビジネスを行っていると、違う商品が届いたり、納期が思ったよりも遅かったりと、発注や発送に関するトラブルがつきものです。輸入代行業者を介せず気軽に購入することができますが、不良品が届く場合もあるようです。世界中にユーザーがいる「eBay(イーベイ)」も気軽に海外商品を購入することができます。高級ブランドファッションを安く海外輸入するなら「Farfetch(ファーフェッチ)」です。日本語以外でも閲覧することができ、世界中のハンドメイド作家が利用しているサイトです。日本語で閲覧することができ、代行業者を介さずに個人で仕入れることができます。



こちらも日本語で閲覧することができ、1点から購入することができます。言語指定をすれば日本語で閲覧することができます。 個人輸入代行 「Shopbop(ショップボップ)」も日本から購入することができます。 タブレット・パソコンなど)を扱っている通販サイトです。無在庫販売にも対応!商品価格+関税+国際運送費 全て合計して、販路によっての手数料もきちんと計算する。 タオバオと天猫Tmallの一番の違いはタオバオが個人間取引を意味するCtoC(Consumer to Consumer)であるのに対して、天猫Tmallは企業体個人の取引であるBtoC(Business to Consumer)である事です。閑魚(シェンユー)は中古品を取引する中国最大のプラットフォームで、イメージとしては中国版メルカリです。 だから検品はとても大事だね!問い合わせに関して言えば、聞きたいことの答えを得られるまでのスピードが大事ですね。対応が悪い基準は、問い合わせてもレスポンスが遅い、早くお金を払わせようとする、このような感じです。 そして、この3サイトの代行に対応していない輸入代行業者はないと言って良いでしょう。輸入代行業者はあなたのビジネスパートナーですので、コミュニケーションにストレスを感じることは、ビジネスを進めるうえで大きな負担になります。 しかし、その代わり、代行手数料が4〜10%必要になる場合がほとんどです。